ウェブギャラリー
ウェブギャラリー

この作家の購入可能な作品はこちら

 

Junko Wada

和田 純子

「冷たく壊れやすいイメージのガラス、熱に強い特性を活かし温かいものを入れる器、温かみのある表情で敢えて繊細な器を作っていきたい」とおっしゃる和田純子さんは、バーナーで耐熱ガラスに熱を加えて作品を制作されています。優美で可愛らしいうつわは、肌寒い日が続くこれからの季節にぴったりです。

陶歴

  • 2000年

    京都 GLASS STUDIO

  • 2003年

    大阪 関西光学諏訪工房にて理化学製品制作に携わる

  • 2007年

    ヴェネツィアにてワークショップ参加(2008)

  • 2009年

    石川県を制作拠点として現在に至る

作品の一例
「マグ ドット クリア」1830320060

「マグ ドット クリア」1830320060

ティーポット circolo bianco

「c/s 小」1830320062

「c/s circolo bianco 上手花皿」1830320064

「c/s circolo bianco 上手花皿」1830320064

「急須 Tiara クリア」1830320068

「急須 Tiara クリア」1830320068

「ティーポット 丸型 circolo bianco」1830320070

「ティーポット 丸型 circolo bianco」1830320070

「盃 角型 circolo bianco」1830320056

「盃 角型 circolo bianco」1830320056

「シャンパングラス 山帰来」1830320065

「シャンパングラス 山帰来」1830320065

「ワイングラス 丸型 circolo bianco」1830320066

「ワイングラス 丸型 circolo bianco」1830320066

「チロリ circolo bianco」1830320071

「チロリ circolo bianco」1830320071

「水差し のぶどう」1830320050

「水差し のぶどう」1830320050

この作家の購入可能な作品はこちら